子育て決定版|たまひよショップで全てが揃う

家族

大人の肌の半分くらいです

レディ

紫外線の影響が強いです

日本だけでなく世界中の風潮として一世風靡したのが、肌を黒くするという行為です。これは当時流行していたマリンスポーツの、健康的でファッショナブルさに魅かれた人が大勢いた結果でしょう。しかし2000年を過ぎた頃から紫外線がもたらす危険性が、広く周知され始めたのです。昨今では多くの人が日焼け止めに関しての知識やグッズを、持つようになりました。2000年より以前の頃には赤ちゃんのくる病対策として積極的に、日光浴をさせていたのです。くる病の予防対策としてビタミンDを摂取することは有効で、日光浴により体内で生成できるのも事実ですが、日焼け止めを意識しないのも危険な行為になります。赤ちゃんの肌は柔らかくて潤いがあるのですが、大人の肌に比べると半分くらいの厚さしかありません。つまり大人の肌に比べるとデリケートで、紫外線の影響を強く受けてしまいます。散歩などの外出の際には赤ちゃんを、直射日光から守ってあげる一工夫が重要になるので常に意識するようにしましょう。例えばベビーカーに乗せる場合は、紫外線が通らないシート付の商品を選ぶなどの配慮が求められます。また赤ちゃんが10分以上紫外線にさらされることが想定された時には、長袖や帽子を持参して日焼け止めに努めましょう。そして一番大切なのが日焼け止めクリームを、赤ちゃんのデリケートな肌にも負担のない商品を選んであげることです。大人の肌よりも薄い赤ちゃん用に選ぶなら、ノンケミカルでSPFとPAの値が低い物を選びましょう。